アニメ・コミック

2022年7月 3日 (日)

優等生美少女JK野ション

この漫画、興味深いタイトルですね。
飲尿が体にいいとかは聞いたことありますが…まさか野外放尿も?
どうやら、屋外で下半身丸出しにして放尿することで得られる解放感や背徳感などによって、ストレスが発散される…ぐらいの意味合いらしいのですが…



清楚で真面目な黒髪乙女というのが、また興奮を上乗せしてきます。
成績優秀で皆から期待されている人間の気持ちなど、ずっと落ちこぼれ人生を歩んできた当ブログ管理人にはわかりませんが、きっと物凄いプレッシャーなのでしょう。こういう娘、現実世界にも実在するかもしれませんね。自分の学生時代に当てはめて、もしかしたら、クラスでトップだったあの娘が…国立大学に現役合格した秀才が…実は裏では気持ちよさそうに野ションをしていた?…などと妄想すると、けっこう捗りそうです。


最初の一回はおしっこ我慢の限界を迎えて…というのがリアルですね。
まずは、やってみないことには野ションの気持ち良さなんか想像もつかないでしょうし…
男は誰しも立ち小便の経験があることでしょうが、思春期女子が外で秘部を露わにしてしゃがみ、M字開脚状態でパックリ開いた股間の亀裂からジャージャー勢いよく小水を放出するなんて、なかなかできることではないと思われます。まだ恥じらいの心が芽生えていないぐらいの幼女がしているのは目撃したことありますが…


野ションは健康にいいんです!


いつ誰に見られてしまうかわからないというスリルが堪らないのだとは思いますが、現実に知り合いの男に目撃され話しかけられてしまった日には…その場から消え去りたいぐらい恥ずかしいでしょうね。実際逃げ出したところで、そこには恥態変態行為の証拠となる聖水の水たまりが残されているわけですし…

2022年6月12日 (日)

リアルおしがま失禁体験談

失禁や寝小便など、尿系失敗体験談が収録された同人ボイス。
声の出演は、twitterおもらしアカウントで活動している本人とのこと。


当ブログ管理人が主催するサークルでも度々このような音声作品を作ってはいますが、こちらで作成した脚本を声優さんに読んでもらう感じなので、言ってしまえば作り話です。一方、これは作品概要に「私がリアルでやってしまった失敗」とあり、ノンフィクションであることが窺えます。



ストーリーは三本立て。
メインイラストにもなっている、18歳(大学一年生)の頃、サークルの友達の家で泥酔しソファでおねしょしちゃった件のほか
(おそらく)中二の頃、車の中でコーヒーを飲み過ぎて、(おそらく)小学生の弟の前で…
20歳(大学二年生)の頃、夜行バスに乗ったがサービスエリアが遠くて…
どれも、リアルで魅力的なシチュエーションです。


現役裏垢女子のお漏らし、おねしょ体験談ASMR


年齢や学年にボカシが入っているのを見て少し気になったのですが
18歳が(酒飲み過ぎて)泥酔するという、明らかに法に触れている部分には規制が入っていないのに、未成年が(着衣のまま)おしっこ漏らすなんて(一般的には)エロくもなく犯罪性もない部分には規制が入っているのに若干の違和感が…
○などの伏字ではなく後からボカした感じですし、サークルではなくサイト側が入れたものなのでしょうが、
ただ機械的に、R18コーナーで未成年(18歳未満)の表記があったら、内容の確認などはせず無条件でボカシ入れているだけなのでは?
と思ってしまいます。
同じ人物が別途、エロいことしてるシーン等が本編にあるのなら、この時点でボカしておく必要があるというのは理解できますが、ただ尿にまつわる過去の失敗談を語るという趣旨であるこの作品に限っては、そういった内容とも思えませんし…
それとも、やはり女性の小便そのものが『エロ』と判断されてしまっているのでしょうか?実際、我々のようなマニアはそれでヌいているわけですし…


ついでに言わせてもらうと
成年年齢を18歳に引き下げたのなら、酒もタバコも18歳からでいいじゃん。
なんで、そこだけ頑ななんだ?大学に入ったらすぐ新歓コンパとか、飲み会あるのわかってんだろ?
今の大人たち(そういうルール決めてる奴ら)だって正直みんな大学一年生の時から酒飲んでただろ?
って思ってしまいます。
むしろ今更成人年齢変えられても混乱するだけだから、飲酒年齢だけ下げてもいいぐらいでしょう。
世界で見ても、18歳あたりが標準らしく(アメリカだけは何故か厳しいが)ヨーロッパなんか16歳から飲める国ばっかりみたいだし…


世の中、規制にまみれて年々住みにくくなってきています。管理人が若い頃はもっと自由でした。
そろそろ、全体的に規制を緩めていくべき局面なのではないでしょうか。
こんな変態ブログで論じることでもありませんが…なんか、言いたくなってしまいました。
これ以上、義務増やすなよ……頼むよ…

2022年6月 5日 (日)

巨乳JK利尿剤仕込まれ試験中おしがま失禁

巨乳女子高生がエロ教師に騙され利尿剤を飲んでしまい、そのまま英語の試験を受けるという内容のアダルトコミック。この娘顔も可愛く、ムチムチの太腿を覗かせる短いスカートで、そして何よりこの、タイトな制服をパッツンパッツンに張らせているロケットのように突き出た超デカ乳。こんなセクシーな格好を見せつけられたら、いかに教員とはいえ男であればムラムラしてしまうのも仕方ないというもの。


おしがま☆イングリッシュ


タイトルにハッキリ『おしがま』という、我々のようなマニアにとって魅力的なワードが入っています。
そのことからしてもおしっこ我慢シーンには特に力が入っているであろうことが窺えますが、無料サンプル中では残念ながら、失禁どころか尿意すら自覚していない様子の彼女までしか見ることができません。が、よく見るともじもじという文字が…既に薬の効果は出始めているようです。この後、我慢の仕草や表情、そして限界を迎え漏らしてしまうシーンが待っているであろうことが期待できる場面で終わっています。



試験問題で「彼女はトイレに行きたい」を英訳させたり…このイングリッシュティーチャー、やはりそういう性癖があるのでしょうか。
文面でも尿意を意識させ、より確実に彼女を失禁へと導こうと、直前になってから問題を変更したのでは?と疑ってしまいます。実際、意識すればするほど尿意が高まっていってしまって…という経験がある人、少なくないのではないでしょうか。

2022年5月22日 (日)

同人おしっこアンソロジー

おしっこ系同人アンソロジー。し~むす!でも紙版を発行していた模様。

 

 

総勢8名の作家により『野ション』『限界放尿』『おもらし』『ボトル放尿』などのシチュエーションが描かれているとのこと。どれも、個人的にも大好きなシチュです。

 

大部分は漫画のようですが、一部小説も見受けられます。
一人当たりのページ数は少なめみたいで、早速1ページめから尿意を催している女子が登場してくるケースが多く、余計な部分を省いた(尿成分の)密度の濃い内容が期待できます。

 

富士メデトスうちの子おしっこ合同

 

主催者がうちの子をテーマに、と言っているのでキャラは共通していると思われます。

 

2022年5月 1日 (日)

試験中おしっこ我慢少女

テスト中に尿意我慢の限界を迎えてしまう…これまた定番シチュエーション。
大事な試験のときに限って催してしまう…なんか、わかる気がします。あの、独特の緊張感…
難しい内容なのに何故か周囲の人間は順調に解いているように思わせるカツカツという鉛筆の音に、更に焦りを感じて…


実は試験中でも、申し出ればけっこう普通にトイレ行かせて貰えるんですよね。
学校の定期テストはもちろん、比較的厳しそうな資格試験や大学受験などでも…
そりゃあ、その場で汚物なんか撒き散らされた日にゃあ、運営側も困りますしね…
不正がないように係員が付き添うことはありますが、行かせてくれないことはないでしょう。
一度退出したら戻って来られない場合もありますが…最悪、残りの解答を諦めれば漏らさずには済みます。
リスニングなどのように、ある一定の時間だけは絶対に退出できない、という場面もありますが…
そこだけは、死に物狂いで耐えましょう。



この娘、辛そうです。こんな状態で試験に取り組んでいたら頭回らず、まともに問題解けないのではないでしょうか?
漏らしさえしなければ0点でも良い、というわけにはいかないでしょう。早めにトイレに行っておくべきだったのでは?
スッキリした状態で、実力を全て発揮して、いい点数を目指せばいいじゃありませんか…


そうはいっても、特に思春期女子などには、そもそも言い出すこと自体がハードル高いんですよね…
周囲の人たちに「あの娘(○○さん)は今、おしっこ(またはうんこ)が、試験終了まで我慢できないぐらい漏れそうなんだ…」
と思われ、このあと便所で物凄い勢いで放尿または脱糞している姿を想像されてしまうのでは?なんて考えてしまったり…


トイレに行かせてもらえるよう申し出たくても、試験中って静まり返っているから、通常授業のとき以上に声をあげにくいかもしれません。
でも皆が自分の机の上だけに集中し周りを見ていないので、こっそり抜け出しやすい環境ともいえます。
無言で手を上げて、気付いた教師なり試験官なりが近づいてきてくれるのを待つ…というのが、とりあえずの正解でしょうか。


この同人ノベル、商品詳細ページの情報が少なく、内容の説明を読んでもサンプル画像を見ても、この子が最終的にどうなってしまうかハッキリとは触れられていないので本編を読むにあたっては緊張感があります。まあジャンルに『おもらし』が含まれているから、漏らすんだとは思いますが(予想)…いや、頼むから漏らしてくれ(願望)…


真夏という設定は珍しいかも。一般的にトイレ近くなるのは寒い時期だし、絵的にも湯気とか入れたくなるから、この手のオモラシ系ストーリーは真冬が舞台になることが多いような気がします。
でも実際、外は暑いから水分を多めに摂りがちなのは夏だし、室内に入ると強めのクーラーでキンキンに冷えていて一気に尿意が高まることって、けっこうあるんですよね…


我慢できない... テスト中にトイレに行けなかった少女の悲劇 case.1 楓


この作者、これがデビュー作のようですが、サークル名に『pee』がついていることからしても、そういう性癖が窺えます。今後も、おしっこ系の作品を次々と生み出してくれることを期待してしまいます。今回のやつも、case.2がありそうなタイトルですし…

2022年3月20日 (日)

プロレスで失禁するスク水女子達

以前紹介したことのある、スクール水着姿の女子たちがプロレスして失神して失禁する同人コミック、そのシリーズ最新作がリリースされていました。
今回もロリっ子たちが可愛らしい見た目に反して、激しく戦っています。



締め技でオちて失禁…現実でも充分に有り得るシチュエーションだけに、リアリティがあって萌えます。
白目剥いてピクピク体を痙攣させ、全身の力が抜け失禁してしまう…我慢限界失禁にはない興奮を感じます。
リョナ系の失禁も、たまには良いものです。


学校で女子プロレス! 全員失神失禁 追い打ち編~試合は終わったのに・・・~


スク水という萌え衣装なのもグッとくる好ポイント。
通常は学校の水泳授業などで使われる服装ですが、プールに入っていないのだから濡れていません。
布地が既に濡れている状態から漏らした場合には尿染みが目立たないのが残念なんですよね…
乾いたままの水着での失禁って、意外とレアなのかも知れません。


三パターンの短編集で、それぞれ別のイラストレーターが担当しています。
どれも可愛らしい絵柄で技の描写等も本格的です。苦しそうな表情も堪りません。
女子の失禁姿に興奮する性癖って、異性が酷い目にあっている様子を見て楽しんでいる、つまりSっ気があるってことだから、リョナに通じるところがあるのかもしれませんね。

2022年2月27日 (日)

尿失禁少女と歪んだ性癖

尿モノのシリーズもの同人コミックを発見。
よく見ると数年前に、先に総集編がリリースされていたようですが…
ここにきて、それぞれ個別に販売開始したようです。だから一気に6作品も、同じ日に発売されたわけですな。



どの作品も、カラーの表紙は美しく、白黒の漫画もハイクオリティです。およそ同人とは思えないレベル。
この、尿失禁で感じてしまい学校でオナニーしてしまう…という話以外にも

・エナジードリンク飲んで尿意を催し、空き缶に放尿
・ローター入れたままデート、トイレ禁止で尿失禁
野外放尿見られて興奮
・一人エッチ見られた快感により失禁
・彼氏の前で漏らして感じる

などなど…どれも性癖が爆発した変態少女たちのあられもない姿が堪能できます。


水と蜜と、少女の匂い。~ちはるの性癖~


もともとが昔の作品なだけに、シリーズ新作は期待しにくいですが…
この作者が聖水を愛していることは伝わってきますし…
こういう作品が増えていってくれると、我々マニアには有り難いですね。

2022年1月30日 (日)

おしがま失禁少女たちのCG総集編

かなり前にも紹介した、おしがま失禁娘達を描いたハイレベルなCG集。その総集編が出ていました。
既に販売されている作品をまとめたものなので大ボリュームの割にお値段安めとなっており、このシリーズの過去作を手に入れていない人にはお買い得です。


このサークル初めてという方は、とりあえずこれだけ購入しておけば良いのではないでしょうか。
というのも、ふたなりメインのサークルらしく、このシリーズ以外はほぼフタナリを扱ったものであって、我々のような性癖をもつマニアが買いたくなる類のものではないからです。
着衣尿失禁にも愛を感じるので、もっとこっち系もドンドンとリリースしてくれると我々には嬉しいですね。



表紙のカラーイラストはもちろん美しいですが、個人的にはこの鉛筆タッチの白黒イラストが味があって好みです。
CGメインではありますが、説明書きがシッカリついており、キャラのプロフィールやシチュエーションの細かな説明があるので充分にストーリーも見えてきます。


どれも素晴らしい我慢限界着衣失禁ですが、頻尿だったりトイレに行けない状況だったりで間に合わなかったケースのみならず恐怖失禁や、特殊性癖によりオシッコ我慢したり漏らしたりするのが趣味というパターンなどもあり、色々なタイプの尿失禁マニアを満足させてくれることと思われます。


MORECCCO Omunibus


JK多めにみえますが、中には魔女っ娘などファンタジー世界の住人も!

2022年1月 2日 (日)

変態眼鏡美少女と金髪美女のレズ失禁プレイ

失禁マニアにはお馴染みの同人ノベル作品シリーズ、その最新作がリリースされていました。
同人といっても、ストーリーもイラストレーターも商業経験者なので、そのクオリティは言うまでもなく良質。
絵師名、サークル名双方頭が温という文字から始まるためややこしく、ごっちゃになって同一人物かと思っていた時期もありましたが…



黒髪メガネの地味な見た目なのに、中身は変態というギャップが萌えるJK。
誰もいない放課後の教室で、こっそりクラスメイトのパツキン美女のブルマーの香りを堪能しながら机の角オナをするという大胆な行動を、そのターゲット本人に目撃されてしまうという不運な偶然から、物語は始まっていきます。


ブルマーは確かに萌え衣装ですが、それを女子がオカズにしている時点で、レズっ気は否めません。
個人的には特に百合マニアというわけではありませんが、美少女が乱暴な男に無理矢理エロいことされるシーンは好みではないので、女同士というのは抵抗なく楽しめるので良いですね。


大決壊!~秘密の日記~


表紙やサンプル画像だけでもヌける失禁シーンがいくつか公開されているだけに、本編には更に期待してしまいます。

2021年12月12日 (日)

花火大会で便所足りずオシガマ野外放尿失禁する姉妹

ハイクオリティな同人おしがま失禁アニメシリーズ、久々に新作がリリースされていました。
相も変わらず、我慢の仕草も失禁の様子も、そして細かな表情変化なども文句のつけようがないレベル。
最近増えてきた、テレビの数分の短い枠で放送されているアニメと比較しても遜色ないといっていいのではないでしょうか。この二次元動画は、マニアには堪らない至極のズリネタとなりえるでしょう。



今回のオシッ娘ヒロインたちは美少女姉妹。花火大会ということで、衣装は可愛らしい浴衣。
イベント会場という、おしっこ我慢を余儀なくされる定番シチュエーションで、リアリティ溢れるオシガマ尿失禁を堪能できます。仮設トイレはあっても、参加人数からすれば足りるはずもなく、二人とも大ピンチ(漏れそうなのは小ですが…)に!


最初は妹のほうが辛そうで、姉はそんな妹を励ましている側でした。
妹は自らの限界を悟り、近くの草むらに駆け込み浴衣の裾を捲り上げると、下着をズリ下ろしながらしゃがみ込んでしまいます。
たしかに、漏らしてしまうぐらいなら野ションしてしまうほうが遥かにマシです。
この後の姉の悲劇を考えても、この判断は正しかったといえるでしょう。


そうはいっても、いくら暗がりとはいえ姉ぐらいの年齢にもなると、女子が野外で下半身を露わにするなんて…
しかも剥き出しになった秘部の亀裂からジャージャー凄い勢いで小水を噴射してしまうなんて…
木陰ですらない、なんの隠れる場所もない、ただの草っ原で…
いつ誰が通りかかって、このあられもない姿をを見られてしまうかもわからない、こんなところで…
そんな恥ずかしいこと、妹ぐらい幼かったからこそ屈託なくやってのけられた芸当といえます。


自分も一緒にできれば…と、気持ちよさそうに放尿する妹を羨ましそうに眺めることしかできないでしょう。
コンビニに駆け込んできたときには既に、両手で股間を押さえて、涙目になっています。
そんな姉さんの目に飛び込んできたのは、トイレ前にできている行列…これは、心折れそうになります…
皆、考えることは同じでしょうから、当然ともいえる結果です。近くのコンビニは、どこもこんなものでしょう。
しかもこの手の店って個室は大抵一つしかありませんから、列の進みも期待できません。モジモジそわそわ、おしがま仕草を披露しながらも、そこに並ぶしかなかった彼女。そして、ついに…


omoani--足りないトイレに浴衣は濡れる--


ビジュアルだけでなく音声面でも楽しめるというのは、アニメならではの特長といえるでしょう。
妹の方はハッキリと「おしっこ出ちゃう」などというのがカワイイし、姉のほうは主に心理描写がよく表現されています。

より以前の記事一覧

失禁関連リンク       (当ブログへはリンクフリー)

楽園project

2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ