« 2022年6月 | トップページ | 2022年8月 »

2022年7月

2022年7月31日 (日)

おむつレズ百合カップル

ドラマ仕立ての失禁放尿寝小便レズビアンおむつプレイ動画作品、シリーズ新作。



オネショ癖のある美少女JKと、その世話をする美人お姉さん、歳の差レズカップルの日常風景を観察している気分になれるようです。
男が絡まないぶん綺麗で良いです。男が出てきてエゲツナイことすると、どうしても絵面が汚くなりますから…


4K機材撮影による超精細な映像ということで、画質にも拘っていることが窺えます。
そっち方面はあまり詳しくないのですが、視聴するパソコン側のスペックにはよらないのでしょうか。
いちおう動作環境は指定されていますが、うちのPCがこれを満たしているのかよくわかりません。
古いノート型だし、たぶん解像度等は足りていないと思われます。
間違って高価なHD版を購入してしまったら、損した気分になるかも…


新・恋するおむつ少女 おねしょ女子校生と美人お姉さん


着衣失禁、おねしょ、紙オムツ、布おむつの他、スパンキング等おしおき要素まで網羅されています。
尿系マニアはもちろん、赤ちゃんプレイが好きな性癖の方も大いに楽しめそうな内容ですね。
いい年した女子が、おけけボーボーのアソコおっぴろげてオムツを着けられる様子は、マニアならずともソソるものがあるはず。陰毛が生え揃っている年齢になったのにもかかわらずオシメを卒業できていないという羞恥に、グッときたりはしませんか…



前回紹介した漫画の作者である七吉。氏の作品でも、オムツおねしょレズはよく取りあげられています。
こういったジャンルを二次元でも楽しみたい方がいらっしゃいましたら、ぜひ氏の作品をチェックしてみて下さい。

2022年7月24日 (日)

おねショタおねしょ

尿業界では有名な漫画家の新作、というか続編がリリース。
独占先行販売だからか、残念ながら無料サンプルは今のところ見当たりませんが、表紙ページに既にオネショ布団を発見…
と思いきや、どうやら寝小便を垂れたのは男子みたいですね。
でも、その男子は一番下のコマで、自分だけオネショしちゃって恥ずかしいから女子達が漏らしてるところも見せて欲しい旨、お願いしています。これは、良い流れです…


甘屋樫学園性活 〜でちゃうトコが見たい〜


この学園は共学校でありながら極端に男子が少ないということで、貴重な男子をチヤホヤお世話してくれる甘やかし係という女子達がいて、その娘たちが布団を干したり着替えたりするのを手伝ってくれた模様。
つまり、おねショタおねしょモノです。
いや厳密には、全員がお姉さんというわけでもなく、センパイと呼んでくる年下の娘もいるぐらいですがこの少年があまりにもショタすぎて同年代に見えませんし、実質おねショタといっていいでしょう。
「お姉ちゃんたち」とか言ってるし…


個人的には、女子の尿失禁に萌えるのであって男の失態には興味ないのですが、ボーイッシュな見た目のボクっ娘と考えればヌけなくもありません。
自分が女性の前で漏らすプレイは性癖範囲外だったのですが、こんな美少女たちが後処理してくれるなら、無くもないと思えてきました。

2022年7月17日 (日)

車内おしがま失禁容器放尿

利尿剤を仕込まれ車内でオシッコ我慢できなくなった女性たちが、失禁したり容器に放尿したりする様子が拝める動画。お馴染みのシチュですが、この作品では監禁要素が加わっています。つまり、車が停まってもドアが開かず降りることができないのです。トイレに行けないのだから、限界が来た時点で車内放尿することは確定です。

激しい尿意に身を捩じらせ悶える姿は、やはり見ていて萌えます。そして、ついに力尽き決壊…
ズボンを穿いたまま漏らし、布地に染み拡がっていく聖水はもちろん見ごたえありますが、なかなかどうして容器放尿も恥辱的でチンピクなのです。


無色透明なバッグを渡され、大股開いてプッシュワアアと勢いよく放水…溜まりゆく尿の色まで丸わかり、これは恥ずかしい。こんな特殊な袋、事前に準備してでもない限り、たまたま車内にあったものとは思えません。この仕掛け人、用意周到です。
ペットボトルだって、前もってラベルを剥され全面的に透明に…まっ黄色な液体が水位を上げていく様子が包み隠さず披露されます。


「見ないで」と懇願する女子。そりゃ、絶対見られたくないでしょう。まあ、男なら絶対見ますけどね…
仮に見られなかったとしても、ビニール袋等はともかくペットボトルなんかはけっこう音が響くので、それだけでも乙女にとってはかなり恥ずかしいはずです。


利尿剤を飲まされた被害者女性 車中監禁屈辱おしっこ


車のことはよくわからないのですが、最近のモデルは運転手の許可がないと個別のドアは開かない仕様になっているのでしょうか。窓だけでも開けば、細い人なら脱出できるかもしれませんが、それだって昔は手でクルクルとハンドルを回せばそれぞれ個別に開閉できていたものですが、今は運転席でのみ制御されているのでしょうか…
全てが電子的に制御されていて、いざという時に物理的に開かない構造になっているとしたら、恐ろしいことです。故障したら、あるいはエネルギーが不足しただけでも、運転手も例外ではなく閉じ込められてしまうということ?


運転席側でドアのロックを制御できれば、小さな子供が勝手にドア開けて転落したりする事故は防げるでしょうが…どちらが良いのか微妙です。というか、個人的には昔ながらの方式のほうが、わかりやすくて好みです。

2022年7月10日 (日)

おしがま失禁実話JD

実体験に基づいて書かれているという、ほぼノンフィクションのおしがま失禁同人小説。
作者が大学1年生の時に本当にお漏らしをしてしまった時の体験談を挿絵付き風にした、とのこと。


女子大生の失禁経験談なんて、なかなか聞くチャンスありませんよね…
小学生のときですら、数年に一回ぐらい漏らす子が出るかどうか、ぐらいだったことを考えると、
かなりのレアケースです。だからこそ、我々マニアは大人の失敗に憧れるのですが…



頻尿気味のJD、入学したてで学内のどこにトイレがあるかも把握できておらず、
まだ友人との関係も浅かったため、なかなか言い出すこともできず、
まず辿り着くまでが大変。やっと到着するも、女子便所には行列ができているのであった…


さすが実話だけあって、リアルな展開です。
大学って、キャンパスの広大さが高校までの比じゃありませんし…
たしかに女子トイレって、いつでも混んでいるイメージありますし…
それ以外にも、飲み慣れていない酒…今までの倍程度の授業時間…
隣の人達にどいてもらわなければ抜けられないタイプの長机…要素はかなり揃っています。
入学したての女子は、けっこう失禁する危険性は高いのかもしれません。


キャンパス内でお漏らしをしてしまった女子大学生 〜リアルお漏らし体験談〜


ノベルなのに、ジャンルにASMRとあったのが地味に気になったので、かるく調査。
Wikipediaによると、
ASMR(英: Autonomous Sensory Meridian Response)は、人が聴覚や視覚への刺激によって感じる、心地良い、脳がゾワゾワするといった反応・感覚。
とのことでした。
この定義によると、視覚によるものも含まれるのですね。てっきり音声だけかと思っていました。ってことは、文章で『サクサク、バリバリ』など咀嚼音を書いてあるのを見ても、ゾワゾワ心地よく感じる人がいたりするのでしょうか。

2022年7月 3日 (日)

優等生美少女JK野ション

この漫画、興味深いタイトルですね。
飲尿が体にいいとかは聞いたことありますが…まさか野外放尿も?
どうやら、屋外で下半身丸出しにして放尿することで得られる解放感や背徳感などによって、ストレスが発散される…ぐらいの意味合いらしいのですが…



清楚で真面目な黒髪乙女というのが、また興奮を上乗せしてきます。
成績優秀で皆から期待されている人間の気持ちなど、ずっと落ちこぼれ人生を歩んできた当ブログ管理人にはわかりませんが、きっと物凄いプレッシャーなのでしょう。こういう娘、現実世界にも実在するかもしれませんね。自分の学生時代に当てはめて、もしかしたら、クラスでトップだったあの娘が…国立大学に現役合格した秀才が…実は裏では気持ちよさそうに野ションをしていた?…などと妄想すると、けっこう捗りそうです。


最初の一回はおしっこ我慢の限界を迎えて…というのがリアルですね。
まずは、やってみないことには野ションの気持ち良さなんか想像もつかないでしょうし…
男は誰しも立ち小便の経験があることでしょうが、思春期女子が外で秘部を露わにしてしゃがみ、M字開脚状態でパックリ開いた股間の亀裂からジャージャー勢いよく小水を放出するなんて、なかなかできることではないと思われます。まだ恥じらいの心が芽生えていないぐらいの幼女がしているのは目撃したことありますが…


野ションは健康にいいんです!


いつ誰に見られてしまうかわからないというスリルが堪らないのだとは思いますが、現実に知り合いの男に目撃され話しかけられてしまった日には…その場から消え去りたいぐらい恥ずかしいでしょうね。実際逃げ出したところで、そこには恥態変態行為の証拠となる聖水の水たまりが残されているわけですし…

« 2022年6月 | トップページ | 2022年8月 »