« 2021年11月 | トップページ | 2022年1月 »

2021年12月

2021年12月26日 (日)

失禁スパンキング紙おむつの恥辱

『おもらし倶楽部』『おむつ倶楽部』などのオシモ系マニアック書籍を扱う出版社が制作した映像作品。
放尿、着衣尿失禁のみならずオムツ、スパンキングまで、女性たちの羞恥を煽るプレイを幅広くカバーしています。


おむゆり ありあ&るあ #01 おパンツおもらしの躾はお尻たたきと紙オムツ


失禁とオムツは言うまでもなく、切っても切れない関係です。
常習的に漏らしてしまう娘は、下着だけでは垂れ流しになってしまいます。
それを防ぐアイテムが当然、必要となってきます。
ですが、小さな子供ならともかく、いい年した大人の女性が着用するには恥ずかしすぎる代物です。


そして尻叩きも、しょんべんタレへのお仕置きとしては定番といえます。
でも意外と、失禁放尿系のマニア向け動画であってもスパンキングを扱っている作品は滅多に見つからないんですよね…
オネショやオモラシをしてしまった子が親や先生にお尻ペンペンされる…というのは、実際に目の前で見たことはないにしろ漫画やアニメ、ドラマなどでは珍しくもない光景でしょう。現実世界でも、何十年もの昔には普通に行われていたことなのかもしれません。


しかしながら、成人したデカ尻の女子が、そのムチムチプリプリのふくよかな美ケツを叩かれてしまうというのは、有り得ない屈辱です。
鞭を使うまでもなくSM要素も感じられ、尿系のマニアでなくともエロスを感じるのではないでしょうか。


アダルト動画としては珍しくサンプル映像がありませんが、説明文によると、出演する女子たちの過去の失禁エピソードも聞ける模様。本人が語る失禁談って、トークだけでもけっこうヌけるんですよね…

2021年12月19日 (日)

客前でオシッコ我慢できず尿失禁するOL達

クレーム対応中に小便我慢できなくなり漏らしてしまう可哀想なOLたちの様子が拝める尿失禁映像シリーズ第三弾。
怒りむき出しの客に向かって「おしっこ」なんて、そうそう言えるものではなく、いつ終わるかもわからない説教を聴き続けながら、迫りくる尿意に必死に耐えるしかありません。


上司からの説教中などでもトイレに行かせてほしいなんて言いにくいものですが、まだ身内なだけなんとかなりそうです。が、相手が客となると話が変わってきます。よりハードル高くなります。
もう限界っ…漏れそう…そんな状態になっても尚、なかなか切り出すことができません。
結果、社会人として、いやそれ以前に大人の女として有り得ない、失禁という大失態を晒してしまうのです。

耐えがたい尿意に、若干前屈みになり、モジモジそわそわ体を捩じらせ、腿を大きく上げて足を擦り合わせるオシガマ仕草、堪りません。客の手前、あからさまに股間を押さえたりはできないでしょうが、うっすら股部に手をあてている娘は見受けられます。


オシャレなミニスカのスーツを着たイケてそうなOLが、土下座しながら膀胱決壊してしまう様子が惨めすぎてヌける…
普段は見ることのできないパンプスの裏側って、なんか見てはいけないものを見てしまっているような不思議なエロスを感じます。


脚立に上ったままダイナミックに垂れ流す真面目そうなスーツ姿のOL、大量に漏れ出た聖水がムチムチのパンスト美脚を豪快に伝い流れていく様は見ごたえあります。高所から床に打ちつけられバチャバチャ物凄い音を響かせており、音声面でも楽しめます。


OLクレーム対処中お漏らし3醜態を晒す大失禁女たち


自ら撒き散らした汚水を拭かされる後始末シーンも、哀れで萌えます。

2021年12月12日 (日)

花火大会で便所足りずオシガマ野外放尿失禁する姉妹

ハイクオリティな同人おしがま失禁アニメシリーズ、久々に新作がリリースされていました。
相も変わらず、我慢の仕草も失禁の様子も、そして細かな表情変化なども文句のつけようがないレベル。
最近増えてきた、テレビの数分の短い枠で放送されているアニメと比較しても遜色ないといっていいのではないでしょうか。この二次元動画は、マニアには堪らない至極のズリネタとなりえるでしょう。



今回のオシッ娘ヒロインたちは美少女姉妹。花火大会ということで、衣装は可愛らしい浴衣。
イベント会場という、おしっこ我慢を余儀なくされる定番シチュエーションで、リアリティ溢れるオシガマ尿失禁を堪能できます。仮設トイレはあっても、参加人数からすれば足りるはずもなく、二人とも大ピンチ(漏れそうなのは小ですが…)に!


最初は妹のほうが辛そうで、姉はそんな妹を励ましている側でした。
妹は自らの限界を悟り、近くの草むらに駆け込み浴衣の裾を捲り上げると、下着をズリ下ろしながらしゃがみ込んでしまいます。
たしかに、漏らしてしまうぐらいなら野ションしてしまうほうが遥かにマシです。
この後の姉の悲劇を考えても、この判断は正しかったといえるでしょう。


そうはいっても、いくら暗がりとはいえ姉ぐらいの年齢にもなると、女子が野外で下半身を露わにするなんて…
しかも剥き出しになった秘部の亀裂からジャージャー凄い勢いで小水を噴射してしまうなんて…
木陰ですらない、なんの隠れる場所もない、ただの草っ原で…
いつ誰が通りかかって、このあられもない姿をを見られてしまうかもわからない、こんなところで…
そんな恥ずかしいこと、妹ぐらい幼かったからこそ屈託なくやってのけられた芸当といえます。


自分も一緒にできれば…と、気持ちよさそうに放尿する妹を羨ましそうに眺めることしかできないでしょう。
コンビニに駆け込んできたときには既に、両手で股間を押さえて、涙目になっています。
そんな姉さんの目に飛び込んできたのは、トイレ前にできている行列…これは、心折れそうになります…
皆、考えることは同じでしょうから、当然ともいえる結果です。近くのコンビニは、どこもこんなものでしょう。
しかもこの手の店って個室は大抵一つしかありませんから、列の進みも期待できません。モジモジそわそわ、おしがま仕草を披露しながらも、そこに並ぶしかなかった彼女。そして、ついに…


omoani--足りないトイレに浴衣は濡れる--


ビジュアルだけでなく音声面でも楽しめるというのは、アニメならではの特長といえるでしょう。
妹の方はハッキリと「おしっこ出ちゃう」などというのがカワイイし、姉のほうは主に心理描写がよく表現されています。

2021年12月 5日 (日)

女子達が目の前で小便我慢できず失禁したら

ナチュラルなおしっこ我慢&尿失禁を取り扱う動画が、久々に見つかりました。
この、語りかけるような作品タイトルからも、プレイ要素のないリアルおしがま失禁が期待できます。
わざと漏らしたのであれば、慰める必要ありませんからね。



質問系で来られたら、回答するしかないでしょう。
そうですね…自分なら、どのように声をかけるでしょうか…
とにかく、被害が最小限に留まるように助言したり誘導したりするでしょうか。
それから、後始末で手伝えることがないか確認し、必要なら替えの下着やタオルなどを準備すると思います。
性格的に、物理面に対して意見を言うことはあっても、精神面には触れないような気がします。


女性がオシッコを漏らしてしまった、どう慰めますか?


意外にもダイジェスト画像などを見ると、女子達が笑顔を見せているシーンが多く見受けられます。
楽しかったり嬉しかったりするから笑っているのではなく、恥ずかしいからこそのはにかんだ笑みなのでしょう。
特に我慢中は、顔が緩んでしまうのもわかる気がします。漏らしたら笑っている場合ではないでしょうが、笑顔で誤魔化すしかない状況もあるでしょう。本人が笑っている間は、とくに慰めの言葉をかける必要はないと考えます。むしろ騒がず、いつも通りに接してあげたほうが、大したことではないと伝わり、本人的にも助かるのではないでしょうか。



おしがま失禁マニアが実際に、彼女や女友達のこんな失態に遭遇したとしたら…
興奮を抑え、性癖を悟られないよう紳士的に振る舞い、家に帰ってから脳内保存しておいたオカズで抜きまくることになるでしょう。その場で欲望まる出しにしてしまっては、変態であることがバレてしまいます。
適切に処理し、恩を売っておけば、最高のズリネタが得られるだけでなく、いい人だと好感度まで上がってしまい一石二鳥ですね。

« 2021年11月 | トップページ | 2022年1月 »

失禁関連リンク       (当ブログへはリンクフリー)

楽園project

2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ