« 資格試験監督員の失態 | トップページ | おもらし特区の住民になれました »

2012年11月 3日 (土)

おもらしの年齢と恥ずかしさ

おもらしをしてしまった場合、一番恥ずかしい年齢について考えました。なぜなら

恥ずかしい失禁シチュほど興奮できる性癖だからです。

まず小さな子供や介護が必要な老人が漏らすのは当然だし本人的にもあまり気にすることは無いでしょう。

大人には色々な事情がありますからもし人前で失禁してしまったとしても、その恥辱以上に深刻な悩みや

取り返しのつかない失敗を経験してきていることでしょう。酒を飲むような年になると人前でゲロったり

大小便を漏らしたりする可能性はむしろ子供のときよりも大きくなるものと思われます。

 

やはり思春期の多感な少女が同級生や部活仲間の前で漏らしてしまう。というのが一番ショックだと

思います。高校生ぐらいになると、もう半分大人ですから表立って馬鹿にしたりいじめたりすることは

ないだろうと考えると中学生ぐらいがピークで、この年齢でできる失敗としては最高レベルのものだし

人生が終わったと感じるほどではないでしょうか。教室で椅子に座ったまま水たまりをつくるという

王道とも言えるシチュが今も失禁マニアたちに愛されていることからも、中高生の学校おもらしというのは

最高の萌えポイントの一つと言えます。昔、オモクラ第1号の表紙を書店で見て衝撃を受け、少ない手持ちの

大半を投げ打って購入したことを記憶しています。

運動系部活の練習中に後輩たちの前でブルマーを濡らしてしまう。というのも定番ですね。

 

 
社会人であってもシラフの状態で勤務中に同僚や部下、客の前で漏らしてしまう、等のシチュは

かなり恥ずかしいでしょう。学生は申し出れば授業中でもトイレにいくことができますが社会人だからこそ、

どうしても抜け出せない場面があります。営業マン等は比較的自由にトイレに行けそうですが

職種によってはなかなかそうもいかないでしょう。ぱっと思いつくだけでも交通誘導警備員

(片交で勝手に抜けると事故の恐れも)、バスガイドや運転手(トイレのない密室)、劇団員(劇が台無しに)、

車掌(電車から降りられるわけがない)、スポーツ審判員(審判起因で試合を止められるはずがない)、

生放送ニュースアナウンサー(わずかな時間のCMで戻ってこられるはずがない)、

試験監督員(不正行為監視義務)、それと以前台湾旅行へ行った時に衛兵の交代式を見たのですが

衛兵は交代までトイレどころか微動だに許されません。観光地だけに漏らすと大勢のギャラリーに

見られてしまいます。これらの仕事に頻尿の人が就いたら失禁確率は高いと考えます。

« 資格試験監督員の失態 | トップページ | おもらし特区の住民になれました »

趣味」カテゴリの記事

コメント

はじめまして
おもらしなら昔、二人きりで委員会の仕事をしている時に
下級生の女の子が漏らしたことがあるよ。
それと、うち田舎村で公衆トイレ無かったから、異性の放尿ならよく見れた。
高学年でも普通にちょっととか言って普通にしてた。
さすがに中1の時は、ちょっとドン引きしたけど。

ついに来ました、このブログへの初コメント、ありがとうございます。
小学校高学年や中学一年生の女子の放尿、うらやましいですね。
おもらしに興味ない人でもお尻まるだしでしゃがむ女の子を見れば多少は興奮するのではないでしょうか。

本当に当時はいい時代でした。
でも女子達も誰の前でもしてた訳ではなくて、後に言われたのが、
私は(当時)おとなしくて、言わなそうで、いやらくなくて、
何より5才下の妹を連れて来て(いつも勝手に遊びについて来た)
下の世話をきちんとしてる姿を見て、大丈夫と思っていたらしい。
無論そんなことはなくて、いつもドキドキしてたんだけど。
他にも当時は、誕生会とか盆踊り大会の打ち上げでの女子風呂とか興奮することが多かった。
それでも、おもらしに一番性的興奮するのは、やはり小学校でのあの出来事のせいなのかなぁと。
長々と語ってすみませんでした。


おもらし好きになるきっかけは様々だと思いますが、やはり自分自身が頻尿だとか、過去に好きな娘のおもらしを見たことがあるとか、そういうトラウマ的なことがある場合が多いのではないでしょうか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おもらしの年齢と恥ずかしさ:

« 資格試験監督員の失態 | トップページ | おもらし特区の住民になれました »