ニュース

2012年11月 9日 (金)

借厕所来不及男掏屎抹店员脸

台湾、新北市で起こったという衝撃的な事件を紹介します。

腹を壊したトラック運転手(45)がトイレを借りようとコンビニに入ったところ

夜間防犯対策のためドアは施錠されていました。

レジカウンターをたたきながら

「鍵がかかっていてトイレに入れない」

と店員(29)に怒鳴りこみ

「少々お待ちください、今すぐ鍵を…」

というやりとりの間には、既にズボンの中に下痢便を解放。

 

 
すごいのはここからです。漏らしてしまったことに対する怒りで逆上、ズボンに手を突っ込んだドライバーは

店内に充満するものすごい臭いに唖然としている店員の顔に糞を塗りたくったというのです。

その店員は精神的にダメージを受けコンビニを辞めてしまったそうです。ドライバー側は、後に罪を

認めたそうです。最高で一年以下の懲役または1万5000台湾ドル以下の罰金の刑になるらしく、被害者は

賠償の請求もできるとか。


お約束の妄想タイムです。大便を塗った側も塗られた側も男性ということですが、両方若い女性としましょう。

………………それだけなのですが。すごくないですか?

 

イメージ動画もありますよ

2012年10月10日 (水)

"游客遭报复致大便失禁"事件

今回は中国、雲南省で観光バスドライバーの嫌がらせにより乗客の1人が失便したと

いうニュースを紹介します。


ここらのガイドやドライバーは基本給が無く、指定の店で旅行客が買い物をすることで

その売上の数%をもらうのが唯一の収入源といいます。

そのバスのドライバーはシーサンパンナから昆明に帰る途中、乗客を茶屋へ連れて行き

茶葉を買うように強く勧め、買った人はレシートを渡すように要求したとのことです。

しかし思ったように売れずドライバーの機嫌は最悪に。

 

帰りのバスの中で腹の具合が悪くなった女性がトイレ休憩を要求するも、ドライバーは

取り合いません。

「俺が茶葉を買うように頼んだときは協力してくれなかったのに、今度は俺に協力しろ

というのか?」

結局バスが停まることはなく、しばらくの後その女性は脱糞してしまいました。

 

その後ズボンを換えるため、荷物入れを開けようとバスを降りるという場面になっても

ドライバーは依然として口悪く乗客を罵り続け、客に失禁させたにも関わらず態度を

改善することは無かったということです。

この女性は買い物自体は、けっこうしたらしく、ただドライバー指定の店で必要もない

茶葉を買わなかったという何も悪くない当然の行動と、タイミング悪く下痢をしてしまった

というただそれだけで、こんなに恥ずかしい目に遭ってしまったのです。

 

バスという密室はおもらし事件の定番スポットではありますが、たいていはどうにか

漏らさずには済むものです。

少なくとも日本ではこんなドライバーがいたら確実に厳重に処分されるし、そんなことを

しなくても十分な給料が支払われます。

ドライバーはもちろん悪いと思いますが、この給与体系では起こるべくして起こったような

気もします。雇い主がこういった状況を変えていかない限り、同様の失禁事件がまた

起こるかもしれません。我々マニアにとってはそっちの方がいいですけどね。

 

この女性、50代らしいのですが、若くてかわいい中国娘(段文凝ちゃんのような)に

置き換えて想像すると抜けるかもしれません。

便意を訴え続け、周りの乗客に心配されながら、我慢している様子から限界、失禁までの

一部始終を見られてしまう恥ずかしさは、どれほどのものでしょう。

充満する強烈な悪臭、あまりのことに皆驚愕し騒然となる車内、逃げ場もなく俯いて

恥辱に耐え続けるしかない彼女。

そのうち、こういった実話をもとにした失禁小説でも描いてみたいと思います。

2012年10月 7日 (日)

海口第十一中学没女厕

中国の海南島の中学校で実際に起きたらしい失禁事件のニュースを紹介致します。

海南島は中国全土でも最南部に位置する島で気温の高い地域ということもあってか

小便ではなく大便の失敗談です。原文は中国語なので解釈が間違っているかも知れず

しかも、ところどころに自分の勝手な妄想が混ざりますがご了承ください。

 

この学校、狭くて校内にトイレが設置されていないようでして、どうしているかというと校外

数十メートルのところに公衆便所があって生徒はそこを使用していた、ということです。

 

ところがこの公衆便所が修繕工事に入ってしまい、最寄の公衆便所まで徒歩15分以上

かかる様になってしまったというのです。授業間の休憩時間は10分しかありません。

 

特に可哀そうなのは女子で、男子用の小便器のみ一基、校舎間の隙間に扉をプラス

して簡易的につくってあったとのことです。

つまり女子と、大便がしたくなった男子は遠方のトイレに行くことを余儀なくされるのです。

 

どうしてもトイレに行きたくなった人は(というか全員1日に何回かはトイレに行くでしょう)、

仕方なく次の授業に大幅に遅刻することになりますが教師も大目に見るしかありません。

 

そんな環境ですから中学生にもなって、おもらし事件が起こっても不思議はありません。

ついにある日、一年生の莉ちゃん(仮名)が教室で脱糞してしまいました。

授業中に男子生徒たち数人が鼻を覆って

「臭せーよ、臭せーよ」

と騒ぎ出し、教師が気づいてそちらを見ると、莉ちゃんのズボンは既にうんこまみれ

(日本ならセーラー服のスカートで、その方がコスチュームとしてそそられるのですが

このニュースではたしかに裤子(ズボン)と書いてありました。中国には制服というものが

ないのでしょうか)。

 

先生は、彼女に家に帰って着替えるように指示したそうです。日本であれば、保健室に

行けば着替えがあるはずですが、この地方では家にたどり着くまでビッチャビチャの下着

とズボンで歩かなくてはならないようで、よけいみじめです。

 

トイレに寄れないわけですから、帰り道のどこかでパンツをおろしてうんこを捨てたりする

必要があるでしょう、それでも下半身丸出しで帰るわけにもいきませんから、汚れた下着と

ズボンをまた穿いて歩きだすのでしょう。

歩を進めるごとにぬちゃぬちゃと気持ち悪く、パンツの中で水様便がこねくり回され

通行人とすれ違えば、平日の日中に学生が何故こんな処を歩いているのか、お尻を

見られれば一目瞭然、そうかあの娘は大便を漏らしたのか・・・。

思春期の女子にとって死ぬほど恥ずかしい状況に長時間耐えなくてはなりません。

勝手な想像ですが、田舎なので家までかなりの距離だと推測します。

 

ここから先はニュースには書かれていなかったと思うのですが、女性教師も他人ごとでは

ないでしょう。大人だって1日に一度もトイレに行かずに済むわけはないし、体調を崩す

日もあるでしょう。それに加えて生徒ならともかく教師が授業時間中に教室にいないわけ

にはいきません。堪えに堪え、危うく漏らしそうになった教師もいるのではないでしょうか。

便所までもたず(あるいは時間の都合で)、途中の草むら等でしてしまった、とか

ひょっとしたら公になっていないだけで、おもらし女教師も実在したかもしれません。

と、失禁関連のニュースから、勝手に妄想を広げて楽しんでいます。

相互ランキングメイカー

  • 人気サイトをランキング表示

おもらし愛好サークル Tea of Venus 会員募集中(モデルになってくれる女性の連絡歓迎)

  • ブログメール

アクセスランキング

失禁楽園掲示板

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

バナー