« 我慢がたまらない | トップページ | 女子便所を覗く »

2012年10月25日 (木)

青森の宿

かなり前のことですが青春18きっぷで北海道に向かっていたとき、青森駅(八戸駅だったかも)で

宿をとることにしました。

現在は岩手県のあたりがJRではなくなったようで当時と同じ経路で北海道にいくことはできない

ようですが、たしかそのときは行けたと記憶しています。

で、既にかなり夜中だったので野宿も覚悟していたのですが一応宿を探して歩いていると、

一人の老婆が話しかけてきて、宿を探しているなら来いというのでついて行きました。

怪しかったのですが相手は老人だし疲れていたこともあって宿をとれるならと思って、

普段は用心深いのに、のこのこついていったというわけです。

 

怖いことになったらその時走って逃げればいい、と思っていたのですが着いてみると本当に

部屋がありました。狭い和室で赤の他人と男女もわけず雑魚寝をする、というスタイルでしたが

1500円でいいと言うし野宿よりはよほどいいと思い宿泊することにしました。

少しあとに若い女性二人組が同じように老婆に連れられてやってきました。

 

おそらく彼女たちも18きっぷ組だと思いますが、到着するなり一人がトイレがどこか訊いていました。

トイレがないことがわかると、その娘は両手を口にもっていく往年のぶりっ子ポーズをとって

「やぁん、どうしよぅ」

と言い、腹を押さえて

「お腹が忙しい」

と、続けました。意味は分かりませんが、そのように聞こえました。おそらく漏れそうということ

なのでしょうが、面白い表現だと感じました。

その後、老婆に連れられて近場のトイレに行ったようでした。

 

その後、割と近くに初対面の若い女性が熟睡している環境に戸惑いながら眠りについきました。

自分は神経質なところがあり、雑魚寝の環境では熟睡できなかったし夜中に尿意があったので

外に出て立ちションポイントを探していると、同じ宿で宿泊していたもう一人の男性も立ちションを

していました。

このような、トイレも無いような宿に女性と一緒に泊まれる環境が多くあれば

そのうち女性の野外放尿や夜尿、失禁などが見られるかも知れない、と思いました。

« 我慢がたまらない | トップページ | 女子便所を覗く »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/589977/55971759

この記事へのトラックバック一覧です: 青森の宿:

« 我慢がたまらない | トップページ | 女子便所を覗く »

相互ランキングメイカー

  • 人気サイトをランキング表示

おもらし愛好サークル Tea of Venus 会員募集中(モデルになってくれる女性の連絡歓迎)

  • ブログメール

アクセスランキング

失禁楽園掲示板

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

バナー